関東圏では女子の中学受験の選択肢が多い

女子の中学受験には、男子とは違った事情があり、中高一貫の私立に入ることで良い育ちになるメリットも得られます。
関東圏でも東京へ公共交通機関で行きやすい千葉県や、港にも面している神奈川県、それにベッドタウンが多くある埼玉県といった地域に住んでいれば、特に引越しをしなくてもそのまま通学可能です。
中学受験では、女子だけが所属するセキュリティ抜群の中学校、プロテスタント系やカトリック系といったキリスト教の伝統校、仏教系の私立学校など多様なケースがあり、公立とは大きく違った独自の教育方針を定めている個性豊かな環境が魅力的で人気となっています。
中学校
たとえばお嬢様学校と呼ばれるような、お淑やかな生徒とする教育方針の私立校を選べば、授業や部活動など学校生活を通して、附属の高等学校を卒業する頃には立派なレディになっており、そのまま附属大学へ進学するだけではなく、自らの力での一般大学への進学や、出身校のネームバリューを活かして良縁を見つけるなどの多くの選択肢を得られるのです。
首都圏においても東京には特に多くの私立学園が存在しており、中学校の段階から名門校や難関校に合格することが、保護者の間では1つのステータスになっています。
偏差値や倍率の高い上位校や有名校であるほど、高校からの途中入学を認めない傾向にあるので、中学の入試を受けることが実質的なラストチャンスになるという点においても、学校選びには十分に注意しなければいけません。
各方面へ人材を輩出している学力トップレベルの学校であれば、子どもの人格形成に良い影響を与えるだけではなく、卒業後社会に出てからも同じ付属校出身者による助け合いを期待できます。
これまでの人間関係をなくして、改めてやり直したいという女子特有の事情が動機になっている事例も多く、共学か別学かという点も含めて、家庭における情報の収集と親子間の話し合いがより重要になってくるのが大きな特徴です。